2015年3月25日 From:ペペロンチ(30代)
意外な国際交流の穴場について・・・

俺が欠かさずチェックしてるのは日本の婚活アプリ。

日本在住の外国人が多く参加してるのは以下の2つ。

ジェーピーマッチ
http://jp.match.com/HowTo/

オミアイ
http://facebook.com/omiai/

※ジェーピーマッチは人種で検索し、オミアイは国籍で検索すれば在日外国人がヒットするよ~ん。


他国語学習者向けのSNSサイトでシンガポール人の友達を作る方法

Lang-8というウェブサイトをご存知でしょうか。他国語学習者向けのSNSサイトで、大手の一つと言えるでしょう。ざっくりと紹介させていただきますと、ユーザーは学びたい言語で日記等の記事を書き、投稿し、それを読んだネイティヴのユーザーが添削をする、というのが主な機能です。必要であれば、コメントを通して、質問をしたり、交流を図ることもできます。このウェブサイトには、SNSにありがちな出会い厨はあまりおらず、真剣に言語を学びたい人が比較的多い印象です。

私にとって、最良の言語交換パートナーであるEちゃんとも、このサイトを通して出会いました。ただし、基本的に不特定多数に公開される記事やコメントを通して、特定の人と親密な関係を築くのは難しく、Eちゃんとの、連絡手段は始めからLINEでした。辞書を引きながらなんとか英文を組み立てることができる程度の私の英語力では、リアルタイムでのチャットは難しかったのですが、幸い彼女は流暢な日本語を話せたので、初めてのパートナーとしては願っても無い相手でした。



あっ、外国人との恋愛を希望している人は、 オミアイっていうフェイスブックアプリを使うといいよ。私も登録してます。

当時の私の英語の勉強方法は、とても真面目とは言えるものではなく、気が向いた時に英語のマンガを読むだけというもので、それさえも、数ヶ月のブランクが空くのが珍しくないという有様でした。それでも、毎日のように彼女と連絡を取っていたおかげで、彼女と出会って以来、2年余りの間、英語への興味を失わずに済みました。今では英語のコミュニティに入っても、あまり不自由を感じない程に英語に慣れ親しめるようになったのも、困った時に、いつも彼女が助けてくれ、私のわずかな成長でさえも、褒めてくれたおかげだと感じています。

この2年間、様々なことが私たちの間にありましたが、もっとも思い出深いのは、二人で日本語のスピーチコンテストの台本を作り上げ、発音や演技についても真剣に取り組んだことです。結果、彼女は見事優勝し、私も一方ならぬ達成感を得ることができました。また、普段あまり考えることのなかった日本語を指導する難しさや、日本語そのものの難しさに直面し、それが、他の方と言語交換する際にも役に立っています。

最後に彼女との交流で得た中で、最も大きいものは、前述のような経験や機会ではなく、実は、長く付き合える友人を得たという、ごく平凡な事実でした。私はこれから先も英語を使っていく以上、また、彼女も日本語を使っていく以上、私たちはずっとお互いに必要とするいい関係を維持できると確信しています。