2015年3月25日 From:ペペロンチ(30代)
意外な国際交流の穴場について・・・

俺が欠かさずチェックしてるのは日本の婚活アプリ。

日本在住の外国人が多く参加してるのは以下の2つ。

ジェーピーマッチ
http://jp.match.com/HowTo/

オミアイ
http://facebook.com/omiai/

※ジェーピーマッチは人種で検索し、オミアイは国籍で検索すれば在日外国人がヒットするよ~ん。


マレーシア人男性を顔写真で選ぶ!イケメンを言語交換アプリで落とす

マレーシア人のイケメンは穴場中の穴場!

婚期を逃してた女は、彼氏候補を外国人にまで広げる。

でもここで、大きな過ちを犯す。

アメリカ人とかカナダ人とかオーストラリア人の彼氏を探してしまうのだ。

この3国の彼氏を出会い系アプリで探すのは驚くほど簡単。

なぜなら、日本人女性が簡単にセックスさせてくれるということを彼らは知っているからだ。

もう、何十年もの間、日本人女性達は白人に、簡単に体を許してきたのだから、いまさら貞操感があると主張しても手遅れだ。

つまり、結婚がさらに遠のくだけ。

もちろん、英語のネイティブスピーカーでも、いい男はいる。

でも、結婚を真面目に考えるようなまともな人間は競争率が高い。

恋愛を待つことしてできない女が争って勝てるわけがない。

そこで重要なのが競争率。

単純に考えて、競争率が低ければ、カップリング率は高くなる。

狙い目は、ずばりマレーシア人。

たぶん、あなたはあまりいい印象がないと思う。

あなたと同じように、他の女達も興味を持っていない。

だからこそ、ねらい目なのだ。

そもそも、日本に興味があったり、日本に来ているようなマレーシア人は、マレーシアの中でもエリート層。非モテのオタク白人軍団より、質が高いのである。

マレーシア人にもイケメンはいる。

日本人女性と言うだけで、そのイケメン層を狙えるのだ。

言語交換サイトを利用してマレーシア人男性を探す

日本に住んでいるマレーシア人の彼氏を見つけたい場合、フェイスブック系の恋愛アプリがお薦めだが、、、

今回は、あえて、言語交換アプリの使い方を解説する。

まずは、チャットアプリで、度胸を付けるのもいいんじゃないかと思うからだ。



あっ、外国人との恋愛を希望している人は、 オミアイっていうフェイスブックアプリを使うといいよ。私も登録してます。

ただし、チャットアプリでは恋愛に発展しにくいし、そもそも、チャットアプリは無料主義者の男ばかりなので、質が悪い。

その点、よく理解しておいた方がいい。

 

さて、今回お薦めするのはハロートークと言うアプリ。

このアプリは、無料で利用できる。

登録時に、学習中の言語としてマレーシア語(Malay)を選択する。

実際に勉強してなくても、マレーシア語を選択する。

そうしないと、マレーシア人を検索できないからだ。

正確に言えば、有料コースを選べば自由に検索できるようになるが、マレーシア人だけを探す場合、有料にする必要はない。

さて、ログインすると、マレーシア人で日本語を勉強中の人の顔写真の一覧が表示される。

そして、チャット可能な状態の人に緑色の印がつけられている。

だから、話しかけるとすぐにチャットが可能になる。

登録時に、日本語の能力レベルを登録しているはずなので、レベルが高い人に日本語で話しかければいい。

マレーシア人たちは、マレーシア語を勉強している日本人が少ないことを知っているので、日本語や英語で話かけても全く問題ない。

自分から話しかけるのが苦手なら、顔写真に、奇跡の一枚を載せて、話しかけられるのを待つ。

これだけで、マレーシア人と友達になれる。

しかし、マレーシア在住の男と仲良くなっても意味がない。

日本在住のマレーシア人を探すべきである。

検索結果の順序変更で「最寄りの」という選択肢をタップすれば良い。

ハロートークにはGPS機能が搭載されているので、近い順に並べ替えられる。

つまり、自分の近くにいるマレーシア人を顔写真で選ぶことができるのだ。