2015年3月25日 From:ペペロンチ(30代)
意外な国際交流の穴場について・・・

俺が欠かさずチェックしてるのは日本の婚活アプリ。

日本在住の外国人が多く参加してるのは以下の2つ。

ジェーピーマッチ
http://jp.match.com/HowTo/

オミアイ
http://facebook.com/omiai/

※ジェーピーマッチは人種で検索し、オミアイは国籍で検索すれば在日外国人がヒットするよ~ん。


Tinderで外国人と友達になるコツ※台湾人男性がターゲット!実際に会ってみた!

Tinderというマッチングアプリで台湾人の男性とマッチングしました。

元々Tinderを始めた経緯は、アメリカ留学中に、現地の友人からアプリを勧められたこと。

帰国してからは、英語を使う機会もなく、外人の友人がほしい!という思いがあったので、帰国後に登録しました。

直接の出会いだけでなく、英語での会話相手や、旅行にいくときの現地の情報収集も目的にしていたので、当初の目的は充分達成されたのかとしれません。

台湾人との彼との出会いは、たまたま長期休みに台湾に行くことになったので、台湾の方にターゲットを絞り、マッチングをしていたこと。

その中でもとても丁寧なメッセージを送ってくれたのが彼でした。近々台湾に行くんだ、と話したところ彼は、たくさんの現地情報を教えてくれました。

お気に入りのレストランや、観光客はいかない観光スポットは、旅行本やネットでも手に入れられない情報だったので、とても有難かったです。

何度もお礼をいい、必要以上に感謝を伝えてしまったことが原因でしょうか。台湾旅行の直前に、台湾でぜひ君に会いたい、との連絡が。

もちろん友人と予定を決めてしまっていたので丁寧にお断りしました。そこから彼の怒涛の連絡ラッシュが始まるのです。もう台湾についた?会いたいよ。どこにいるの?君を迎えにいくよ。

ぜひ両親に君を紹介したいんだ。連絡ちょうだい。もう日本に帰ってきてしまったの?と、台湾に滞在中、返事をしていなかったものの数十件もの連絡が入っていました。そのまま私が返信をすることはなかったものの、最後には、日本に会いに行くねとのメッセージが。

さすがにこの連絡には鳥肌が立ちました。知っているのは数枚の顔写真と簡単なプロフィールだけ。何が彼をそこまでにさせてしまったかはわかりませんが、日本人女性、という理由はとても大きかったと思います。

確かに留学時代に、意外と中国や台湾人からの日本人女性の印象がとてもよかったことを感じていました。

中国で人気の日本アニメの影響から、日本人女性は料理がうまくて優しく、家庭的というイメージがあるそうです。

そのイメージがあるからこそ、日本人を彼女にしたい、もしくは嫁にしたい、という方が多いと聞きました。日本人女性の皆さん、国際交流はもちろん楽しいことですが、一歩間違えると少し面倒であること、ぜひ覚えておいてください。むやみに気のあるそぶりをしないこと!これに尽きます。

ハロートークで28歳の韓国人男性とチャットした!セキュリティーも万全!

以前ハロートークというアプリで28歳の韓国人の男性と交流したことがあります。

まずハロートークというのは、外国人とアプリで気軽にコミニュケーションを取ることができます。

基本はスマホがあれば始めることが可能で、自分のプロフィールを載せることができ、英語ができなくても、翻訳もしてくれるので安心してやり取りができます。

最初は友人からこのアプリの存在を知りました。

友人がこのアプリを通じて外国人の男性と付き合うことができたらしく、私も外国人の彼氏が欲しいと思ったことから、このアプリを始めたのです。

最初にアプリで自分のプロフィールを載せ、こちらからメールを送ったりしたのですが、その中で仲良くなったのが韓国出身の男性だったのです。

お互い趣味や好きな食べ物が似ていたことから、その男性とは毎日のようにやり取りを重ねていました。

お互いの国の事のことについてや文化の違いなど、その国あるあるの面白い話も聞かせてもらい、とても楽しかったです。

私も日本の文化や自分の周囲にあった面白い話を彼に聞かせたりしていました。実際に会うということは、お互いの都合が合わず、アプリだけのやり取りで終わった感じですが、とても勉強になったことが多かったと思います。あまり外国に行ったことがない私にとって異国での話はとても新鮮で知らないことばかりでした。

一度やってみて、知らない文化を知るために、このアプリを使うのも一つの方法だと思います。これから海外旅行に行こうと思っている方でも、その国に人とのやり取りを通じて、お勧めのスポットや美味しいお店の情報を聞くこともできるので、このアプリは初めての人でも、かなり使いやすいと思います。

ちなみにセキュリティー設定は自分で行うこともでき、個人情報の保護も安心して行うことができます。自己紹介は自分でプロフィールを作った時に、録音して公開することも可能です。

かなりハードルが高いやり方ではありますが、自分をアピールする上で使ってみるのもいいかもしれません。海外の人との交流に興味があるという方、または勉強のために外国語を勉強してみたいという方は、この記事を読んで、ぜひ視野に入れてみてください。

Couch Surfingの使い方入門※20代の台湾人女子とのマッチングに成功!

私は「カウチサーフィン」というサイトで日本の全都市を周遊する20代の台湾の女性と交流しました。
このサイトは世界中の旅行先で無料で泊めてくれる人と泊めてあげたい人を探しマッチングしたり、どこかで会って一緒に旅を楽しもうというサイトで、私はすぐには海外に行けないので代わりに海外の人をもてなそうと思い登録しました。

かといって、都会や大きな観光都市でもないので、泊まりたいという外国人がいるのかどうか疑問ではありましたが、サイトに自分の情報を載せアピール文も作りました。
スマホにアプリもダウンロードしてみましたが、それも使いやすかったです。

初めて宿泊してもらうことになった台湾の方とは、なんと前日にやり取りして決まったという自分でも驚くほど急な展開でした。
初めはカウチサーフィン内のチャットでしたが、LINEに変えて待ち合わせの日時など話し合いました。

当日、駅で待ち合わせして、私は内心大丈夫なのだろうかと心配もありましたが、大きな赤いバックパックを持って待っている長い黒髪の彼女を一目みて不安は吹き飛び、よく来たねと歓迎できました。

秋田から移動して来たことはやり取りで聞いていましたが、まさか北海道から南下し、沖縄をゴールにした旅の途中とは知らず驚きました。1泊の予定でしたが、お互い安心できたので2泊目もOKし、地元の観光も一緒に楽しむことができました。

宿泊代や家の食事代などは請求しませんでした。外食の時だけは各自自腹にしました。

言葉は英語が共通語でしたが、彼女は日本語も上手だったのでどちらも交えた会話でした。夜はガールズトークや将来の夢の話に盛り上がり、あっという間の2日間でした。

彼女はオーストラリアでワーキングホリデーしていたこと、今後はドイツでもワーキングホリデーを考えていること、旅はホテルや一人で観光するより、地元の人と一緒に過ごすことが一番だと考えていること、高価なお土産は持たず、バックパック一つがこの日本一周の全ての財産だということなど、私の視野も広がるような話をしてくれました。

家でも、礼儀正しく、横柄な態度になることなく、洗い物を手伝ってくれたり、協力的なファミリーとして過ごしてくれました。

そして出発の日、Thank youカードを残してくれました。駅まで送って別れる時には少し涙も出そうになりました。その後もFacebookでつながっていて、彼女が無事沖縄にたどり着くのも知ることができ一緒に喜べました。彼女自身も旅を通して人生観が豊かになっていきました。今でもお誕生日や投稿にお互いメッセージをやり取りしています。

カウチサーフィンを通して、いつもの自宅に、いつもの地域なのに、海外から招いて一緒に過ごすだけで、特別な時間と空間になっていたことに気付きました。行くばかりが国際交流ではないということを実感しました。

もちろん、いつか海外に行ける時は彼女を訪ねて行きたいと思います。

ok cupid使い方&評判※ゲッ、セックス目的ばっかり!ニュージランド人の言語交換パートナーができた!

ok cupidでは、まず自分のプロフィールを登録します。もちろんフェイスブックのように本名を記入する必要はなく、ニックネームで大丈夫です。

あと自分のプロフィール写真を設定する必要があります。もちろん中にはプライバシーへの懸念から顔写真をプロフィールに設定されない方もいますが、顔写真設定をするほうが、たくさんの方からメッセージがもらえます。元々このウェブサイトはティンダーのような出会い系サイトでしたが、最近では友達を作りたい人たちが急増し、このウェブサイトにもカテゴリーの欄に「友達」というものが含まれています。なので、出会い系サイトという言葉に抵抗がある人も、軽い気持ちで友達作りができると思います。

特に私は英語力を伸ばしたかったので、英語圏の方とお友達になりたいと思っていました。そして外国人の友人からこのウェブサイトを薦められて登録をしました。
登録してからの第一の困難は、友達ではなく違う目的を求める方からのメッセージでした。私は友達を作りたいので、カテゴリーを友達の欄に設定したにもかかわらず、毎日のようにデートしたい人や、セックス目的の方からのメッセージがたくさん来ました。そして彼らに、どうしてそのようなメッセージを送るのか聞いたところ、彼らはプロフィールを読んでおらず、ただ顔写真を見て気に入った人にメッセージを送っているとのことでした。

逆にプロフィールを読んでいる人は必ず、私のプロフイールに対して何らかの反応があるはずと考え、私はプロフィールをさらに変更することにしました。

「日本語に興味がある人、日本文化に興味がある人、真剣に言語を伸ばしたいと考えている人、ランゲージエクスチェンジをしましょう。Friends only」と。
これに対して、ニュージーランド人の方で、本当に日本文化に興味があり流暢に日本語を喋れるようになりたいという方からメッセージを日本語でいただき、サイト内でメッセージ交換を始めました。お互いの日常について話をしたり、

お互いの関心ごとなどへの理解を図りました。私も彼も日本のジブリ映画が大好きなので、話が尽きませんでした。初めてお会いするときは、少し緊張と不安がありましたが、彼のハローという大きな声と満面の笑顔で緊張が一気にほぐれました。話をしてみると、本当に気さくで面白い方で、私の英語の発音や文法も直してくれました。また私も彼からの日本語の質問のできるかぎり答えました。それから私達は週に1回、だいたい2時間くらいのペースであうようになりました。二ヶ月ほど経った頃には普通の友達として夕食を一緒に食べたり、映画を見に行ったりするようになりました。それから半年が経ち、彼から付き合ってほしいと告白をされ、今お付き合いをしているところです。本当に人生何が起こるかわかりません。彼も最初は友達、言語交換パートナーがほしかったので私と出会いましたが今では恋人になっているのです。友達が欲しい方、恋人が欲しい方などこのサイトを使うことをお薦めします。

Hello Talk 女性必見の使い方※出会い目的のエロ外国人をブロック&通報!

「Hello Talk」というアプリで、カナダ人男性と仲良くなりました。

このアプリは言語学習に特化したアプリです。自分の学習したい言語でコメントを投稿すると、そのコメントに対して世界中のネイティブがリプライや文法の訂正をしてくれるのです。その訂正された文法は自動的にお気に入り登録されるので、何度も見返すことができます。どうしてそのような文法になるのか解説を加えることも可能です。

私は日本人で英語学習者ですので、基本的に英語のネイティブかつ、日本語の学習者と交流しています。
交流形式としては、誰でも見れる形のオープンな場の「モーメント」、「言語学習トーク」が挙げられます。「モーメント」はラインで言うところの「タイムライン」、「言語学習トーク」は「トーク」でしょうか。個人的に一対一で交流することもできますし、グループで話すこともできます。どちらも音声通話(個人だとビデオ通話も)をすることができるので、交流の幅は大きく広がります。

ところで、文章を英語で送りあっていると、時々よく理解できない文章に遭遇することがあると思います。そのときに便利なのが翻訳機能です。何を言っているのかわからなくて困ったときは、この翻訳機能を使えば解決します。わざわざ文章をコピーして翻訳サイトで調べる、などという手間が省け、かつその翻訳は、消さないかぎり常に確認できる状態にしておくことができます。

その翻訳が不自然だった場合は文章を編集、もしくは訂正を加えることができるので、翻訳の精度もどんどん上がることでしょう。

また、文章の読み上げ機能、ボイス投稿機能など、言語学習に必要なあらゆる機能が充実しており、実践的な言語学習を行いたい方には非常に便利なアプリです。基本的には無料で、しかもストレスなく使うことができます。しかし有料会員にアップグレードすれば、広告の非表示、三つまでの学習言語の追加をすることができます。

ここで特に女性の方が気になるのが、出会いを目的とした男性が多く、学習をメインに利用することができないのではないか、ということではないでしょうか。しかし、それは全くの杞憂です。一部にそのような目的で個人メッセージを送ってくる方がいるのは否定できませんが、無視すればそれ以上メッセージが送られてくることはありませんし、通報やブロックに相当する機能もHallo Talkは備えています。
個人情報を出さずに利用したい場合は性別、名前、年齢、容姿すべてを隠すことができます。すべてを公開したいときは、そのように利用できます。
Hallo Talkはあくまでも言語学習ツールとしてのスタンスを明確にしているので、相手のアイコンの拡大機能もありません。写真を見て交流する相手を選ぶことは推奨されていませんし、恋人探しはその目的の範疇外です。

とはいえ、仲良くなったら会って話してみたいと思うでしょう。冒頭の話に戻りますが、私はこのアプリでカナダ人男性と知り合いました。このアプリを始めたきっかけは、今年の春、夏からのカナダ留学に向けて、友人を作っておきたいと思ったからです。その旨を投稿したところ、返事をくれたのが彼でした。彼とは共通する漫画の趣味もあったので、すぐに意気投合することができました。また、彼は日本に旅行に来たこともあり、その時に私の住んでいる熊本に訪れた話を聞かせてくれるなど、英語と日本語を交えながら、楽しく交流していました。もちろん、カナダ滞在にあたり、必要なものなどもしっかり聞いておきました。その後、夏から私はカナダバンクーバーに住むことになったのですが、あいにく彼が住んでいるのは少し離れたビクトリアなので、まだ会ったことはありません。しかし11月にバンクーバーに来る予定があるということなので、その時にランチの約束をしています。最初はディナーを、ということでしたが一応初めて会うので、ランチに変えてもらいました。

Hallo Talkは会うこと自体は問題ではないので、このように約束をすることは可能です。すこし緊張しますが、とてもいい人なので、楽しんで来ようと思っています。

my language exchange 口コミ&評判※27歳のアメリカ人男性と旅行することに!

my language exchangeというサイトで27歳のアメリカ人男性と出会いました。

以前数ヶ月英会話学校に通って英語を勉強していたのですがなかなか上達しなかったので、実際に日本にいる外国人の方と会話して勉強しようと思いました。

language exchangeとは言語を勉強している同士が教えあうという仕組みです。

例えば日本語を勉強しているアメリカ人と英語を勉強している日本人で、お互いに言語を教えあうんです。

私は友人からmy language exchangeを教えてもらい、サイトに登録しました。このサイトは居住している国や勉強している言語が選べるので、日本にいる外国人にも会えますし、外国にいる外国人ともメールなどができます。

サイト自体は掲示板のような感じで、簡単な挨拶を登録しておけば後は各々で連絡を取り合うといった感じです。

私は東京に住んでいる外国人で日本語を勉強している外国人を探しました。アメリカ人の彼とはお互い都内に住んでいたので近場のカフェで待ち合わせしました。

私はそれまで外国の方は英会話学校の先生としか話していなかったので緊張しましたが、彼はとても気さくで、こちらがあまり話せなくてもフォローしてくれるタイプでしたので安心しました。

language exchangeと言ってもそんなに堅苦しくなく、私達の場合は普通にコーヒーを飲みながら日常会話をするといった感じでした。

サイトには単純に友達を作りたいだけの人もいますしすごく真面目に勉強したい人もいるので、自分がどういった勉強がしたいかによって相手を選ぶと良いかもしれません。私はフランクな方がリラックスして会話できるのでとても助かりました。

知りたかった単語やそのとき出てきた言葉をメモに取ったりしてお互いマイペースで勉強できました。

意気投合した私たちはその後もお互いの友達も含めて飲みに行ったりイベントに参加したりして仲良くなりました。

1度みんなで旅行に行こうということになり、外国人にも人気の長野県の軽井沢に車で出かけました。

長野は私の実家もあるので、ローカルな観光地なども熟知していましたので、私がみんなを案内することにしました。他の観光客があまりいないマイナーな場所だけど景色の良い場所や、地元の人しか行かないような穴場の温泉に連れて行くと彼らはとても喜んでくれました。

アメリカ人の彼は日本でIT関係の仕事をしていて、働きながら日本語を勉強していました。しかし、出会って何ヶ月か経ってから仕事の都合で母国へ帰国しなければならなくなりました。それまで週末にはみんなで集まって色々な場所に出かけていたのでとてもショックでしたが、彼が帰国してから現在も連絡を取り合っています。

今はスカイプなどでお互いの顔を見ながら会話できるので違う国にいてもとても身近に感じます。友人と、今度はアメリカにみんなで旅行して、彼に案内をしてもらおうと話しています。

Italki評判&使い方※20代のベトナム人女性と即チャットしたズルい方法

僕はもともと、スペイン語を勉強するためにItalkiに登録しました。

Italkiは、無料の添削コミュニティーのような機能と有料のネイティブ先生探しのような機能があります。

ただ、僕の場合、単にスペイン人の友達作りのためにItalkiを利用しました。

言語パートナーを探してもOKというSNSだからです。

検索機能を使って、日本語勉強中のスペイン人を探して声をかけ、友達になったらチャットに誘って、フリートークをしながらスペイン語を勉強するのが僕の作戦でした。

でも、そのうち、スペイン語を勉強するのをやめてしまって、Italkiをほとんど利用しなくなっていました。

それで、大分時間がたって、夜、暇な時間が多い時期があったんです。

やる事がないから、可愛い女の子とチャットでもしたいなと思ったんですが、日本国内の出会い系サイトとかは、かなり怪しい。

ネカマとか宣伝目的の業者とか、、、そういう奴らと話したくない。

そんな時、1つのアイデアが浮かびました。

Italkiで日本語勉強中の若い女の子と、日本語だけで会話したら楽しいかなと思ったんです。

僕が、スペイン語を勉強していた頃も、基本的に、相手のスペイン人は日本語をほとんど話さないってことが多かったんです。僕としては、すべてスペイン語で会話できるので、そのほうが勉強になってよかった。

だとしたら、僕が外国人の中には、日本語だけで話したいという人もいるんじゃないかと思ったのです。

そこで、ITALKIに再登録して、日本在住の外国人を検索したのです。

日本に住んでいる人なら、日本語がかなり話せると考えたからです。

検索したら、ベトナム人とか台湾人とか、マイナーな国の外国人が結構ヒットしました。

これって、狙い目だなと直感的に思いました。

アメリカ人やイギリス人は、日本人に人気が高いので、多くの人がメールを送ってしまう。

その結果、ライバルが多くなって、返信がもらえないことも多い。

でも、ベトナム人や台湾人にメールを送る日本人は少ないから、返信を貰えるんじゃないかと思ったのです。

結果は予想通りで、かなり高い確率で返信がありました。

しかも、スカイプやラインに誘うとすぐにOKしてもらえました。

だから、特に国籍を問わずに異文化交流したい方は、ITALKIでマイナーな国の友達を探すのがお薦めです。

ワールドフレンズ※評判&使い方※無料会員でもフランス人の彼氏ができた!

英語を話せるようになりたいと思い、自分で勉強してましたが、なかなか上達しないし、退屈でした。

駅前留学のように外国人と話すと上達するのが早いと聞きましたが、授業料が高いので、ネットでみつけたワールドフレンズというサイトに登録しました。世界中の人と交流できるサイトです。

まずは自分のプロフィールを登録します。本人の写真も必要です。自分の名前、国籍、性別、職業、話せる言語(どのくらい話せるか)、趣味や特技、言ったことがある国やメッセージなどを記入します。サイトの運営者にプロフィール承認されたら、プロフィールが公開され、ほかの人のプロフィールも見ることができます。
国や性別などで検索もできます。

待っていれば色んな人から自分のアカウントにメッセージが届きます。

無料会員は来たメールに返信ができたり、気になる人にスマイルというスタンプを送信することができます。

有料会員になると、自分からメールを送ることができます。

私は無料会員でしたが、いろんな人とメールしたり、そこからSkypeで会話するようになりました。

相手は一つ上のフランス人の男性で、その人はアニメなどから日本に興味を持ち、日本語も少し話せたので英語と日本語を教え合ったり、お互いの文化や日常生活を話すことで、だんだんと英語が上達してきました。数年間メールやSkypeでのやり取りが続き、その人がインターンシップで日本に来ることになったので、会いました。

意気投合し、付き合うようになったのですが、相手が帰国することになり、私もフランスに興味があったので、これを期に2ヵ月フランスに行くことになりました。家に泊めてもらう事になったので、宿泊費はかからず、行った時期がバカンスだったので、パリや南仏などを案内してもらい、とても良い経験になりました。

実際にフランスの文化に触れ、日本とは人とと接し方などか違い新鮮でした。こういう考え方や感覚があるのかというのを知ることができて視野が広がりました。
小さなきっかけで、貴重な経験ができたので、海外に興味がない人でも、視野を広げたいと思う人がいれば、海外の人とコミュニケーションをとることはいいことだと思います。

カフェトーク※評判&使い方※フィリピン女性と仲良くなった!※後日、セブ島で別の先生と・・・

外資系の貿易事務の仕事へ転職し、英会話を本格的に勉強したいと思いカフェトークというサイトを使い個人で教えて貰える先生を探しました。

元々学生時代に短期留学の経験もあり日常会話レベルではありました。

まずは家が比較的近い3人の先生へメッセージを送りやり取りを始め、1時間2000円以下で教えて下さる先生を見つけ、ビジネスレベルの英会話力を身につけたい旨を伝えました。それから一度お試しレッスンという形で会う日程をそれぞれの先生と決めました。

やはり話しやすくて気が合いそうな先生がいいなと思っており始めはネイティブアメリカンの男性の先生と都内のカフェで仕事帰りに会いました。

その先生は都内の企業に勤めており、初めてのレッスンは無料にして下さりとても紳士な方でした。

会話した印象は少しビジネスライクな雰囲気がして友人のような柔らかい感覚とは程遠く感じましたのでお断りさせて頂きました。

二人目にお会いした方はフィリピン人女性の英会話スクールの講師の方でした。

とても小柄で可愛らしくすごく話しやすい雰囲気が気に入った私はすぐに正式にレッスンを開始したい旨を伝え次に会う日を決めてその日はお別れしました。

彼女はケンタッキーフライドチキンが好きとの事でよくケンタッキーで会いました。

とても話していて楽しい時間でしたのでビジネス英会話の勉強をそっちのけにしてしまう日もありましたが、英語での表現方法がわからない時は私が納得するまで時間をかけて教えて下さいました。

また、英会話ではよく使うフレーズも沢山教えて頂きました。

時にはフィリピンに関する話題にも触れ、私は連休を使い彼女のご友人であるフィリピン在住の先生に一人で会いに行きました。マニラを経由しセブ島へ1週間滞在した私は彼女の友人の方にはセブ島各地を案内して貰い、ビーチやデパートにも行き、ホテルのお部屋でも英会話レッスンをして頂きました。

帰国してからも彼女とのレッスンは週一日続け、肝心の仕事面では徐々に英会話で苦戦する事がなくなってゆき彼女にはとても感謝しております。

その後彼女は日本人の旦那様と離婚されフィリピンへ帰られ、再婚されましたが今でも時々フェイスブックを通じてお互いの近況報告などしてます。

私は今後も彼女との繋がりはずっと大切にして近々彼女に会いにフィリピンを訪れようかなと思っております。

My Language Exchange※有料会員ではなく無料でアメリカ人と友達になった!

My Language Exchangeという言語交換サイトにて、日本語を勉強している外国人(英語がネイティブ)の人を探していました。

そのサイトでは、基本的に無料で登録してプロフィールを公開しパートナーを自由に探すことができます。有料会員になると、自分から探したパートナーにメッセージを送ることもできます。

私の場合は無料会員でしたので、気になった人がいると「Hi」というあいさつができるボタンで意思表示をして相手に気づいてもらい、相手が有料会員だったらメールが送られてくる、という流れで使っていました。

そこで知り合ったアメリカ人男性と知り合いになりました。彼はニューヨークで仕事をしていましたが、近い将来日本支店に転勤する予定があるそうで、日本を熱心に勉強していました。日本語検定もチャレンジしたことがあるそうで、文章を見てる限りでは完璧な日本語を使っていました。(英語が全く話せない日本人であっても、容易にコミュニケーションが取れるくらいです。)

私と彼は日本語と英語の両方で同じような意味の内容のメッセージを作成して連絡を取り合っていました。

メッセージの中で、お互いの仕事についてや住んでいる街についてや恋愛における価値観について等、色んなことについて意見の交換をしました。英語の勉強だけでなく国際的な価値観についてもたくさん学ぶことができました。日本人と違うと思ったのは、良い意味で「謙遜しない」ということです。自分の良さを自分で認め、他人に褒められたら素直にありがとうと受け入れる文化があるのだと感じました。

彼とのメッセージのやり取りはとても楽しかったのですが、ニューヨークと日本では時差がかなりあるので、メッセージのやり取りがどうしてもスムーズにいかず会話が盛り上がりに欠けてしまう感じがしてしまい、今では自然と連絡を取り合うこともなくなってしまいました。今思えばメッセージ内でLINEやSkypeのIDを交換することもできるので、仲良くなったらそういった方法で連絡を取ることも可能だったなと感じています。